空き家を貸すのもリスク

「空き家を貸す」のもリスクのある話だなぁと思っています。だって、空き家となってもう3年以上が経過していますし、既にカビ臭い建物ですからね。ゼロからその土地に新築一戸建てを建てるよりは、今ある建物をリフォームして住む方が何かと安く抑えられるでしょう。空き家放置をしてしまうと、さまざまなトラブルが考えられるといえるでしょう。
ですから不動産会社に空き家の解体見積の相場について話をしに行った際も「貸したらどうですか?」という提案をされました。けれども、貸すよりも気持ち的には処分したいのですよね。だって、貸したらずっと自分の持ち物であり、なんかあったら責任は私にも来るじゃないですか。ですから気持ち的に嫌なんですよ。
けれども、空き家に対してはなかなか買い手がつかないということで、そこも困ってしまっているのですよね。ハッキリ言って空き家を管理するのもなかなか面倒臭いのです。けれども更地にしたら固定資産税が今の6倍以上かかるとききますからね。かといって更地にしないと買い手がつきづらいともききますし。
こういったお金が絡んで来る駆け引きというか判断は私は苦手なものですから、なおのこと「空き家どうしよー!」と悩むんですよ。かといって1円でも損したくないという気持ちもあるものですから迷いますね。